デビューから17年

明日(3/29)でGARNET CROWがメジャーデビューしてから17年になりますね。
最近YouTubeでMVを見るたびに感じるのが、再生回数が増加してること。
比較的新しいコメントも多くて、解散後に知った方や外国の方も多い印象を受ける。

いつかは再結成してくれることだろう。
でも、それはまだまだ先の話の気がする。

今年は解散して4年・・・。
オリンピックも4年周期だし、何か起これば良いが。
スポンサーサイト

2017年を迎えて

すでに3ヶ月が過ぎようとしているのに新年1回目の更新を意識したタイトルにしてみました。

昨年から休眠状態のブログですが、僅かながら訪れる方がいてくださることに感謝します。
趣味の時間が確保できないのに加えて、物事についてあれこれ考えることが減ってきて、前にも増して同じ日々の繰り返しで時が過ぎている気がします。


さて話は変わるが、過剰なまでのサービスを見直そうという動きが広がっている。
デパートの正月営業日やファミレスの深夜営業時間は年々短縮されてるが、多くの人にとってそれを不便とは感じないだろう。


いつの間にか、あれば便利というモノが溢れてやしないか?

選択肢が増えすぎてはいないか?


それが誰かの無理によって成り立っているとしたら、無くすべきではないだろうか。

宅配便の不在配達は大きな問題だ。
送り側、受けとり側の双方に妥協すべき点が多々あるように思える。
実は私も平日に苦労して受け取った商品を、土日になってようやく開封するということがある。


そのサービス、本当に必要?

そんな視点で2017年を過ごしてみる。

もう残り9ヶ月だが…。


nonLinear Metal DynamiX EXTRA Vol.3

11/11に川崎のクラブチッタでおこなわれたHEAVY METALイベントに参加してきました。
このライブ・イベントはライブ・フォトグラファーのRYUMEI氏によるもので、今回が90回目の開催という記念イベントでした。


2016-11-11 1445


大会場に加えて平日の15時から開演ということで満員とはならなかったが、熱心なメタルファンは何とかして来るもので、自分も開演から参加しました(笑)
全8バンドの出演だが自分のお目当てはSKYWINGS、BLOOD STAIN CHILDという大阪の2バンド。

7バンド目に登場のSKYWINGSだが、過去に一度だけ観たのは3年くらい前で、その直後にボーカルのTakuyaが抜けたのはショックだった。
彼らは11/30にNEWアルバムをリリースするが、なんと今回のチケットをバンドで予約した人にはこの日に無料で配られた。
僕がこの特典を知った時にはすでにチケット入手済みだったので、11/30に買います。

さて、現編成ではギターのI-LAがボーカル兼任だが、ギターソロ以外はほとんどボーカルに専念している。
その分、ヘッドマイクでステージを活発に動き回っているが、ずっとこの編成でいくのかは気になるところである。
セットリストはあまり覚えられないが、“Gloria”、“GRACE GRADE”、“IN BLOOM”、“LOVE SONG”などメロディの洪水状態で、最後は期待通りに“Angels Sky”で終了と名曲で畳みかけて終了。


トリで大好きなBLOOD STAIN CHILDが登場したのは21時。
彼らはメンバー交代があり新編成でのスタートを切ったばかりだが、過去の楽曲をどんどん聴かせてほしい。
新ボーカルのSAIKAはアー写の印象とは違いめちゃくちゃいい人っぽい。MCも関西人らしくふざけてるし良いですね。

セットリストは先日の四谷でのライブと似ていたと思う。最新の“NEXUS”や“NEBURA-X”に加えて“Exotic-6-cordinator”や“FREEDOM”、“LAST STARDUST”といった代表曲もしっかり組み込んでおり大満足でした。
アンコールは“INSIGNIA”だったと記憶しているが、もしかしたら“NEBURA-X”だったか?と自信はない(汗)


約7時間のイベントを締め括ったRYUMEI氏の言葉には、良い曲を演っているバンドに素晴らしい舞台を用意してあげたいという愛情が溢れていた。
今後の予定も続々と決まっている「nonLinear Metal DynamiX」とRYUMEI氏に感謝と期待を抱いて帰途に就いた。


BLOOD STAIN CHILD レコ発ツーマンライブ

気付いたらひと月近く経っていたが、9/25におこなわれたBLOOD STAIIN CHILD新体制でのニューシングル「NEXUS」のレコ発ライブに行ってきました。

2016-09-25 1818


場所は先日のカレイドガランスのライブと同じ東京・四谷LOTUSでした。
しかもツーマンということで、世界的な知名度を誇り、海外でのリリースやライブの実績があるバンドにしてはやや寂しい。ファンとしては新体制での飛躍を願わずにはいられない。

ライブレポのつもりだったが、鮮度が落ちたのと、記憶も薄れ気味なので自粛しました(笑)
新曲も繰り返し聴いているうちに結構、気に入ってきたし、会場限定音源には今までのブラステらしさも出ていて、今後も応援していきますよ。

次の関東でのライブは11/11クラブチッタ!
なんとこれまた大好きな大阪のSkywingsとの共演ということでチケット入手済みです。

次はライブレポ予定…


Kaléido Garance / MUSIC stay ALIVE 2016 ~Never let me go~

9/3に東京・四谷のLotusで開催されたKaléido Garanceのワンマンライブに参加してきました。


2016-09-03 1353


先日記事にさせていただいたべニーズカフェと同じく、活発な活動をおこなっているGARNET CROWのカバーバンドである。
ちょうど1年前に同じLotusで観て以来であるが、MCでは今年3本目のライブとのことで、もっと足を運びたいバンドの一つである。


LotusはBARスペースがとてもお洒落で綺麗なライブハウスで、キャパはスタンディングで詰め込めば150~200人といったところであろうか。
今回のライブはイスが用意されたが開演前にはほぼ埋まり、後方には立ち見の方もいる盛況ぶりであった。
MCで言っていたようにメンバーの知り合い以外にも結構な人数が見に来ていたようだ。もちろん自分もその一人である。


メンバー構成はおそらく昨年と変わっていないと思われるが、キーボードとギターがそれぞれ2人、ベース、ドラムに加えて男声コーラスを配して総勢8名である。
マニア好みの選曲一辺倒かと思いきや、終盤にはライブ定番曲を並べて観客との一体感を生み出した。

おおよそのセットリストを挙げておくが、例によって記憶が曖昧なので曲順違いや抜け漏れもあるだろう。
(さっきツイッター見たらセットリスト載っていた…。あとで答え合わせしよう)


・Hello Sadness
・Clockwork
・スカイブルー
・whiteout
・Stay
・晴れ時計(ギター弾き語り by 斉藤省吾)
・Nora
・夏の終わりの長い雨
・空に花火
・夕立の庭
・JUDY
・flying
・今宵エデンの片隅で
~encore~
・Over Drive
・Fall in Life


特に印象に残ったのは“Stay”と“晴れ時計”である。
特異なヴォーカルメロディの“Stay”は改めてGARNETの中でも異色な曲だと再認識した。カバーするのも大変だと思うが、こういった選曲はファンには嬉しい。

“晴れ時計”はシンガーソングライターとしても活動している斉藤省吾によるアコギでの弾き語りで披露されたが、パフォーマンスも存在感も素晴らしかった。
ソロライブでもGARNETをカバーすることがあるのか気になる。

こうして過ぎた約一時間半のライブは、GARNET CROWの楽曲に浸れる幸せな時間だった。
CD等を聴いてるとつい余計なことを考えてしまうが、ライブでは曲だけに集中して聴くことが出来る。

今後もGARNETCROWのカバーバンドのライブには出来るだけ参加したいと思う。


プロフィール

KARO

Author:KARO
音楽大好き人間。

国やジャンルにとらわれず、良いと思ったものを聴きます。

一番好きなバンドは日本のGARNET CROWです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問してくださった人数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR